A recent transplant from Thailand, Ong Siraphisut has been creating work in response to the pandemic's impact on people. If you're walking East Avenue during daylight hours this summer and fall, you might find your eyes drawn to a shimmering wall facing a pocket park off Broadway. An installation of mirrored stickers affixed to the exterior of the neighboring Rochester Contemporary Art Center catches the light in such a way that it makes a glittering almost-mirage that beckons passersby to pause, look closer, and follow the instructions the work spells out: “BREATHE.”… [...]
Fri, Jul 30, 2021
City Newspaper Art Blog
A decade and 135-plus murals in, WallTherapy organizers reflect on the impact of the mural festival. Around the corner from Geva Theatre Center, a gigantic glass whale appears to leap from a cinderblock wall. On Pennsylvania Avenue behind the Rochester Public Market, a swimmer wearing inflatable armbands clings to a mermaid with rainbow scales.… [...]
Fri, Jul 30, 2021
City Newspaper Art Blog
The Print Club of Rochester at RIT City Art SpaceRachel Shelton at RIT City Art SpaceThe Print Club of Rochester and the RIT City Art Space host a wonderful show of artworks from printmakers here and abroad which you have to see. It is not often that we get a chance to view the works by so many artists that are new to this area, and all of the original art chosen for this show has been selected by a guest curator Jenny Robinson. This show unfortunately will end soon, so try to get to the gallery which is right at the Liberty Pole in the center of Rochester. The RIT City Art Space will be open Thursdays thru Sundays.You can also go online to visit You Tube and hear the curator speak to you about this show. She speaks of her process and the submissions by artists suggested a theme to her as she organized her thoughts putting this exhibition together. You can also go around the show in person, and scan QR codes for statements from the selected artists.QR Code for the statement from Jenny Robinsonabout her selections for "Stillness Movement Chaos"It [...]
Fri, Jul 23, 2021
The Visual Art Worker
Across the road on the upper leftArtist David Hammons Installation of a ghostly sort...of sculptureLucky for us, we can spend some time out in the world, going to see some art now at my local museum. It was just a couple of weeks ago that we were in New York City, and we walked into the new Whitney Museum of Art down along the west side of Manhattan. Looking out from a top floor window of the new Whitney, I see a sculpture that is actually mounted out in the Hudson River, where old piers once stood. The installation looks complete, but the work is like a contour drawing of one of the old warehouse buildings that once lined this section of the waterfront. The artist in charge is David Hammons, and I wondered about the kinds of strings that had to be pulled in order for the city to allow this kind of "building" where heavy freighters once tied up along the docks.David Hammons art is very evocative, even ghostly. This kind of site specific work reminds me so much of what Robert Smithson would write about in his essays that would recall "monuments" [...]
Fri, May 21, 2021
The Visual Art Worker
トップページ
競艇をテーマとしたサイトが数多くあるのですが、中には信頼性に欠けるサイトがあるのは事実です。 また、情報量に乏しく、参考になるとは言い難いサイトも存在します。 そこで利用したいサイトの一つとして、BOAT RACEがあります。 BOAT RACEは主催者が提供しているサイトであり、いい意味で主催者らしくない情報量の満載佐賀魅力的です。 BOAT RACEには、具体的には以下の特徴があるサイトです。 公式サイトらしくなく予想を公開している 初心者でも競艇を学べるコンテンツ満載 ネット投票をダイレクトに行える 公式サイトならではのデータベースの秀逸さ この記事では、BOAT RACEの魅力的なポイントについて解説します。 競艇予想サイト「BOATRACE」とは競艇の公式サイト 参照元:https://www.boatrace.jp/ BOATRACEは、正式には一般財団法人 BOATRACE振興会の公式ホームページという位置づけです。 BOAT RACE振興会とは、ボートレースの発展や普及を目的とした一般財団法人となります。 1990年に財団法人モーターボート競走近代化研究センターとして設立されて、モーターボート競走の振興のための調査や研究、広報活動が中心です。 他にも、テレボートの管理や情報処理システムの構築なども行っており、この活動を通じてボートレースの健全な発展を目指すことを念頭に置いて活動されています。 BOATRACEも、基本的には広報活動の一環として提供されているサイトです。 よって、他の競艇サイトでありがちな、一部機能が有料扱いになるなどの心配はありません。 また、舟券のインターネット投票以外のコンテンツは、会員登録することなく即座に利用することができるのです。 競艇予想サイト「BOATRACE」の5つのサービス 参照元:https://www.boatrace.jp/owpc/pc/site/enjoy/index.html BOATRACEでは、主に以下5つのコンテンツが用意されています。 初心者向け基礎知識 コンピューター予想 レース情報 データベース機能 テレボードによる投票 それぞれの項目について、詳しく解説します 競艇を知るのに便利な初心者向け基礎知識! 競艇は、見た目はシンプルではありますが実は奥が深いスポーツです。 特に、専門用語がとても多いので、初心者にとっては何を言っているのかが理解できないというケースがあります。 そこで、競艇に関する知識を得たいと思っていても、なかなか最適なサイトがないのも事実です。 そこで利用したいのが、BOATRACEの初心者向け基礎知識講座です。 競艇に関するあらゆる用語がすべて解説されており、またFAQもあるので疑問点を晴らすのに最適です。 基本ルールについては、LEVEL.1基礎篇とLEVEL.2実践篇という2つのコンテンツで詳しく解説しています。 代表的なコンテンツとしては、以下のようなものがあります。 強靭な精神力と、展開を読む判断力 スタートやターンなど高度なテクニック モーター・ペラの調整力が重要 まずは、このコンテンツを理解してから競艇予想に取り組むようにしましょう。 公式サイトとは思えない充実の機能!コンピューター予想 BOATRACEのメインコンテンツと言っても過言ではないのが、コンピューター予想です。 詳しいメソッドは公開されていないのですが、各種データを用いて導き出した予想を公開しています。 進入予想をビジュアルで明確にしているので、とてもわかり易いという特徴があります。 予想フォーカスでは、おすすめの買い目を2連単と3連単で分けて公開しているのも魅力的です。 買い目は少々多めなのですが、この通り購入しても良いですし絞って購入するのもおすすめです。 この予想に対する自信度として、5段階で表記されていて、自信度の高いレースに限定して購入するという方法もあります。 もちろん、全競艇場の全レースが対象となっていますので、是非参考にして予想を組み立てたいですね。 カラフルで見やすいレース情報 BOATRACEでは、公式サイトとして正確なデータを提供することが求められています。 他の競艇サイトでも、基本的にBOATRACEのデータを使用して出走表などを公開しているのです。 その基となる出走表は、とてもカラフルで見やすいという特徴があります。 F数、L数、平均STなどの細かなデータだけでなく、シリーズ内の実績もひと目でチェックできるように工夫されています。 オッズについてもソートがしやすいように工夫されていて、参考になりますよ。 直前予想では、チルトやプロペラ、展示タイムもチェックできます。 さらには、BOATRACEでは結果が即時に公開されるのが魅力的です。 いち早く結果を知りたいという方にもおすすめですね。 使いやすいデータベース機能 BOATRACEでは、以下のデータベース機能があります。 ボートレーサー検索…登録番号及び名前をベースに、レーサー情報を検索することができる ボートレース場データ…全国24ボートレース場におけるコース別入着率、水面図、ライブが確認できる SG、PG1、G1記録集…SG・PG1・G1レースの過去から現在までの全レース情報が確認できる 高配当ベスト10…月別、日別、歴代の高配当ベスト10が確認できる 優勝レーサー一覧…全レースの優勝レーサーが月ごとに確認できる ダウンロード・他…各種データをダウンロードできる データを用いて予想したい際に便利ですね。 テレボードによる投票ができる BOATRACEで予想を組み立てたら、そのままテレボートで投票することが可能です。 買い目をそのまま出力することができませんが、別途テレボートのリンクを開いて投票する必要はありません。 公式サイトならではの、親和性の高さが魅力となっています。 また、マイ予想と呼ばれるオリジナルコンテンツも人気です。 競艇予想サイト「BOATRACE」の予想を検証 参照元:https://www.boatrace.jp/owpc/pc/race/pcexpect?rno=1&jcd=01&hd=20210410 実際にBOATRACEで公開された予想を基にして、的中できるのかどうかについて紹介します。 対象としたのは、2021年4月9日のメインレースを対象としています。 予想フォーカスで3連単の買い目で指定された、10点が的中するかどうかで検証を行いました。 江戸川競艇場11レース このレースでは、4号艇を最も高評価していました。 すべての買い目で4号艇を購入し、対抗に6,1をチョイスしています。 結果は、4号艇は5着と惨敗して2号艇が差し切って勝利してます。 平和島競艇場11レース このレースでは、2号艇を中心として3,1号艇を高評価しています。 自信度が低めですが、かなり攻めている予想という印象がありました。 実際には、1号艇が逃げ切って2号艇は2着に敗れております。 ただ、買い目としては1-2-5をしっかりと抑えており、2,240円の3連単を的中させています。 多摩川競艇場11レース このレースは、自信度5と狙い目のレースでした。 本命は2号艇で対抗に1,3をチョイスしていましたが、結果は見事その3選手で決着しました。 大本命の買い目で2,670円を的中させたのはさすがですね。 的中率も高い予想サイト! BOATRACEは、今回の検証において的中率の高さだけでなく回収率もしっかりとキープしています。 また、公式サイトならではの信頼感があるのも魅力的です。 競艇初心者の方は、BOATRACEで競艇のいろはを学びましょう。 [...]
Sun, Apr 11, 2021
Post
艇ラボ
競艇の予想においても、昨今ではAIを用いた予想を多く見かけます。 AIは精度が重要視されますが、そこで重要となるのがデータ数です。 艇ラボでは、50万レース以上ものデータベースを用いて、最適なAI予想を展開しているサイトです。 艇ラボは、特に以下の点に優れているサイトです。 レースを厳選することでより魅力的な舟券をゲットできる可能性がある 競艇場の特徴を詳しく解説している ブログでデータの見方などを学べる この記事では、艇ラボという予想サイトについて詳しく解説します。 競艇予想サイト「艇ラボ」とはグラフも充実した見やすいサイト 参照元:https://ai-lab-boatrace.xyz/ 艇ラボは、至ってシンプルなサイト構成となっています。 ホワイトをベースとして、AI予想で競艇をよりスマートにを目的としているサイトです。 競艇予想サイトの中には、多くの広告を掲載してサイト自体が重いというケースがあるのですが、艇ラボではサクサクと閲覧できる点が魅力的です。 予想のベースとなってるのがAI予想ですが、詳しいロジックなどは後項で詳しく解説します。 各種データを公開しているのですが、そこで重要となるのが見やすさです。 単に数値の羅列をしても、決して見やすいとは言えませんよね。 そこで、艇ラボではグラフを用いて見やすく工夫されています。 例えば、AI予想の過去1か月間の結果について、的中率と回収率をグラフ化しているコンテンツがあります。 単勝と二連単は最大確率の組み合わせをAI予想としており、折れ線グラフでとても見やすく参考になるのです。 その分だけ読み込みに少し時間がかかるのですが、おすすめコンテンツの一つです。 競艇場の特徴というコンテンツでは、過去5年間の競艇レース結果をベースとして各競艇場の季節別や時間別などの特徴についてグラフでチェック可能です。 競艇においても、天候というファクターはとても重要になります。 そこで、レース開催時の天候データを参考にすることで、例えば荒れた天候時に強い選手などを見出すことができるのです。 天候に応じた予想の参考にできる点が魅力的ですね。 また、密かな人気コンテンツとしてブログがあります。 ブログでは、管理人がおすすめのデータの検索方法などを紹介しています。 過去テーマとなったものとしては、機械学習を用いてモーター性能を数値化し、超抜モーターを探索する方法などです。 超抜モーターの検索は過去から行われていましたが、それをAIによって見出す方法が伝授されているのです。 とても参考になりますし、統計学を学びたいという方にも向いています。 他にも、「恵まれ」予想やってみたなどのユニークなテーマも取り上げられています。 機械学習の勉強をスタートしたのが2018年10月頃と比較的細菌であると管理人は語っていますが、ドハマりしており人工知能や機械学習について知ることができるコンテンツが満載です。 このように、今後も発展が見込まれるAIを学ぶ機会にもなります。 競艇予想サイト「艇ラボ」の唯一の予想サービス 参照元:https://ai-lab-boatrace.xyz/race_list.php 艇ラボは、競艇が非常に好きな管理人が、最近話題の人工知能がとても面白くAIによる完全な不労所得の実現を目指して開発した予想メソッドを用いています。 A)による公営ギャンブルの予想については、徐々に世の中に出てきているのですが、実際には多くが実際の的中率や回収率を公開していないのが実情です。 不透明であることは事実でありますが、そのような状態を緩和することを目的として、なるべく誠実な前提に基づいた検証の上で公開して、透明性のあるサイトとなっています。 現在は、的中ベースでのAI予想を展開していますが、回収率を高めることを目指すためには、的中率だけを目標としても届きません。 そこで、いかに買うか・買わないかというジャッジを学習できるかが重要となります。 今後は回収率を高めるような学習もしくは分析を実施して、AI精度の向上を図る予定となっています。 現在はコンテンツを無料で公開しているのですが、今後の機能拡充やAI精度向上が実現できた場合は有料化されることも示唆されています。 50万レース以上にも及ぶ競艇データを学習したAIによって、様々な視点で日々のレースを予想していいるのが特徴です。 艇ラボがとてもユニークな点としては、能力指数などを展開しているだけではないという点です。 各枠番別の着順確率や2連単をAIが予想しており、例えば各選手と着順の確率を見つけ出しています。 具体的には、1号艇の選手の各着順に入る確率を示しているのです。 よって、選手によっては3着に入る確率が高いなどのジャッジをしていますし、場合によっては6着に入る可能性が高いという場合もあります。 選手間の能力差を比較するツールは多々ありますが、着順の確率まで言及しているのはとてもめずらしいですね。 この予想を使用すれば、例えば勝率が最も高い選手を頭固定にして、2,3着に入る可能性が高い選手を選んで3連単を購入するなどの方法も利用可能です。 このように、舟券を購入する際に戦略性を持って行えるという点が魅力的です。 また、全競艇場の全レースの予想が公開されています。 残念ながら、2020年秋から更新が途絶えていますので、復活が待たれますね。 なぜ公開が途絶えたのかというと、効果的な広告収入が得られないために、モチベーションが上がらないと発言されています。 ただ、可能な範囲で公開を再開する予定ということで楽しみですね。 もし予想の見方がわからないなどの場合は、問い合わせフォームから気軽に問い合わせ可能です。 また、公式ツイッターアカウントがあって、最新情報が逐一チェックできます。 ツイッターは更新が継続されていますので、気軽に問い合わせることができますよ。 競艇予想サイト「艇ラボ」の予想を検証 参照元:https://ai-lab-boatrace.xyz/race_model_ana.php 艇ラボでは、先に紹介した通り、2021年春現在ではサイト更新が途絶えています。 ここでは、最後の更新となった2020年11月11日の予想の中から、3レースをピックアップして予想の結果を紹介します。 なお、2連単で勝率の最も高い選手を1着固定、2着率の高い2選手をピックアップした場合の検証です。 戸田競艇場11レース このレースでは、競艇のセオリー通り1枠の金子良昭が勝率50%以上となっています。 2着には2号艇、4号艇がピックアップされていましたが、レースは1-2で決着して300円と低いオッズながらもプラス収支となりました。 平和島競艇場11レース このレースでは、1号艇の都築正治が40%という1着率で本命となりました。 2着候補としては、3号艇が30%ととても高く、あまた2号艇もチョイスしています。 結果は、2着率の高かった3号艇が勝利したことで外れています。 多摩川競艇場11レース このレースでも、1号艇が圧倒的な勝率、そして2,3号艇の2着率が高まっています。 レースは、1号艇が勝利したものの2着率が3番手評価であった4号艇が2着となり不的中です。 競艇予想サイト「艇ラボ」の評価 艇ラボは、真実のデータを公開しているサイトとして有名です。 特に、回収率は全レースの単勝と2連単の回収率が公開されており100%に近い数値をマークしています。 サイト自体が更新が途絶えているのが残念ですが、ぜひ参考にしたいサイトの一つとなっています。 [...]
Sun, Apr 11, 2021
Post
Installation shot from Beyond Ornamental
Installation shot from Beyond Ornamental I don't wear jewelry, however, I will often see amazing jewelry come in to the gallery shop at Main Street Arts and I will try it on just to make sure. Wearing it isn't for me, no matter how hard I try! (I do this all the time, just ask Sarah. I even did it today) However, the idea that I am drawn to it always sticks with me. I see many of the pieces as something to look at and think about, just like any other art form. That is the impetus for our current exhibition, Beyond Ornamental. A sculptural necklace by Myung Urso and brooch by Loraine Cooley While jewelry is certainly meant to be worn, there are other aspects of this art form that are even more interesting to me. Thinking about the craft of jewelry making, I have such an appreciation for the often minute details that must be considered. The forming of links for chains, cutting shapes out of metal, shaping and polishing stones, threading beads into ornate patterns… These are things that the average person may not consider when they look at handcrafted jewelry, but that is what makes one-of-a-kind jewelry pieces [...]
Tue, Aug 06, 2019
Main Street Arts Gallery
Scan 4
Victoria Scudamore , artist in residence at Main Street Arts during the month of August 2019, is working in one of our two studio spaces on our second floor. We asked Victoria some questions about her work and studio practice: Artist Victoria Scudamore Q: To start off, tell us about your background.I grew up in a suburb of San Francisco near the ocean, and across the street from a mountain covered in eucalyptus trees. I was given lots of freedom to explore, climb trees, and create. Being so involved in nature helped inform my art process. I was an ultrasonographer, and realtor, before becoming a full-time artist. I have taken numerous courses from well-known artists and did an art residency in Barcelona. I don't have a formal art school background but have been told that is why I am able to be so free and loose in my art, there are no preconceived notions. Q: How would you describe your work?Painting makes me happy, and I hope to bring the same response in the viewer. I paint abstractly with bold brush strokes, and vivid colors. My paintings are non-representational, as I want others to feel the art, and decide what it means [...]
Thu, Aug 01, 2019
Main Street Arts Gallery
The Art House Press website will be taking on a new look in the upcoming weeks. AHP will be switching website platforms as well and we don't want to lose anybody! To make sure you stay current with all AHP news please subscribe here: [contact-form] [...]
Tue, Apr 19, 2016
Art House Press
The Art House Press website will be taking on a new look in the upcoming weeks. AHP will be switching website platforms as well and we don't want to lose anybody! To make sure you stay current with all AHP news please subscribe here: [contact-form] [...]
Tue, Apr 19, 2016
Art House Press